FC2ブログ

萌ブルーベリー園

自然と共生したブルーベリー栽培。シャシャンボの研究と栽培。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャシャンボ(和製ブルーベリー)第2弾

我が萌ブルーベリー園福津農場の中に、日本原産のブルーベリー〝シャシャンボ〟を栽培しています。シャシャンボは、関東以西に広く分布しています。栽培しているのは、自生地から掘り上げてきたものや、実生から育てたものがほどんどで、一部、挿木からのものもあります。

9.27福津シャシャンボ02

実生は、親木の性質が優れている木の実をからとりました。ほれぼれするぐらいびっしりと実がついているんです。

9.27福津シャシャンボ03

ゴマの種よりもっと小さく、砂粒ほどでしょうか。吹けば飛ぶようなちっちゃな種です。でも、丁寧に播種をすると、以外と発芽率がいいんですね。

9.27福津シャシャンボ05

実生の苗は、挿木苗よりも発根の状態が優れています。挿木苗は、挿し穂の切り口から、粗めの根が数本伸びて、さらに根がわかれていきます。実生苗は、茎と直結したがっしりとした根が、数本に分かれて、さらにひげ根を伸ばしていきます。挿木苗の生長は、一見早く見えますが、2年ほど経つと少しずつ、実生苗の方が勢いを増してくるんですね。

9.27福津シャシャンボ08

9月も終わりという時期なのに、花が咲いていました。実にはなりきれないと思いますが。常緑樹ですが、今なお、若枝を伸ばしています。
今年も、シャシャンボのジュースやジャムをつくってみるつもりです。

9.27福津シャシャンボ09
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

レッドパール(ブルーベリー)の四季

赤く色づくレッドパール(ラビットアイブルーベリー)の実。とてもかわいいもんです。
4月には、ちょっと小さめの、白い花が咲きます。

4.15レッドパール2

5月下旬頃には、小さな緑色の実がほんのりと口紅をして、我先にと大きくなってきます。

5.27レッドパール2

熟しだすのが待ち遠しくなりますが、7月初旬頃から、ポツリポツリと黒く熟した実が見られます。レッドパールで、おもしろいのは、熟す前に実が真っ赤になることです。ツヤツヤの真っ赤で、これがたまらなくいいんですね。

7.5レッドパール1

7月の下旬頃が、最盛期となります。房なりというわけにはいきませんが、結構、収穫できます。実の大きさが、もう少し大きいといいんですがね。

7.19レッドパール8

今のところ、10本くらいブルーベリー園に植えています。育てやすい品種だし、赤い実がとってもかわいいんで、もう少し植えてみようかなと思っています。
これは、宮崎大学農学部國武久登教授の作出した、品種です。

9.8レッドパール4

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

和製ブルーベリー「シャシャンボ」の今!!

九州北部の低丘陵地のいたる所で、日本原産のブルーベリー「シャシャンボ」が、元気に生きています。時折、思いついたように足を運んでは、シャーッターを切っています。
この一帯には、20本程のシャシャンボがあります。実の付き方は、個体差もありますが、ほぼ写真のように、ビッシリついています。ジャムやジュースにするために、収穫するのですが、相当量があります。実の中には、色づき始めたのも。12月位が収穫の最盛期でしょう。

9.22m宮若シャシャンボ04

ここに自生しているのは、鳥が糞と一緒に落とした種から発芽したものと思われます。もともと、ここは大きな工場団地の周辺の法面で、造成地でした。傾斜も30度以上あります。

9.22m宮若シャシャンボ08

粘土質で、痩せ土というのも幸いしたのでしょう。全く、不揃いな位置に、自生のシャシャンボが、自生しているのです。ここでは、造園業者に法面の草刈や手入れを依頼していますが、次第に大きくなっていくシャシャンボを残してくれたのが、ここまで育ってしまたのと思われます。刈り込みにくいススキや蔓などは残したままです。

9.22m宮若シャシャンボ20

綺麗に刈り込みが終わったあとには、根元に固形の油粕をやっています。枝等はシャシャンボ以外の樹木も、剪定などはしていなせん。20年程経っているのでしょうか。今では、ちゃんと市民権を主張しています。

9.22m宮若シャシャンボ28

シャシャンボに混じって榊などが混雑して育っている箇所もあります。競争力の弱いシャシャンボですが、他の樹木が低木なので、お互い元気に茂っているんですね。残してくれた、造園業者も、良いことしてくれましたぁ。
最初からここの会社が植樹した樹木には、ちゃんと登録番号が取り付けてありますが、無登録のシャシャンボには、がんばってもらいたいと思っています。

9.22m宮若シャシャンボ30

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ランタナがんばる!!

事務所の前の、ランタナいつものように、花を咲かせてくれます。筑前21宿のひとつ。古い街道沿いの道路ですが、車だけは多いんですよ。我が事務所も、江戸時代後期に建てられているんです。事務所の中は、MacやWindowsが10台ほど並び、ミスマッチな光景です。

9.24ランタナ1

以前に、紹介した側溝の脇から伸びてきたランタナは、ますます元気です。埃か塵の中から芽を出したのでしょうが、ご覧のとおり綺麗な花を咲かせています。時折、車のタイヤに轢かれることもあるんですけどねぇ。

9.24ランタナ3

と、目を手前の方にやると、3メートルほど咲きのセメントの裂け目に、何やら緑が。

9.26ランタナ2

アップしてみると、どうもランタナのようです。ん~ん、このしぶとさには脱帽です。ここは、お客様の車が、タイヤを乗り上げてくる部分で、下敷きになる確率が多いんですけどねぇ。がんばってくれよの、一言です。

9.26ランタナ4

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

クリと掛稲と・・・

いつものように、毎朝のブルーベリー園の草刈作業後、園内のクリを収穫しました。3分の1くらいは、虫が入っているようです。

9.25クリ1

大きくなったクリの木を見上げると、青いイガグリがいっぱい。今後の収穫が楽しみです。早速、クリご飯でも・・・。

9.25クリ5

秋祭りが、あっちこっちの神社で催されています。山間の田んぼでは、掛稲の風景が多く見られるようになりました。

9.25懸稲03

どっかりと、誇らしげに稲穂が掛けられています。さぞかし、美味しいお米ができることでしょう。

9.25懸稲10

掛稲のすぐ側を流れる川のほとりに、黄色い花が薮の中から姿を現していました。名前は、まだ、分かりません。

9.25黄色花5

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

ヒガンバナを撮ってきました

昨日は、秋分の日。この頃、決まって季節を伝えてくれるのが、彼岸花。ヒガンバナって、いいですね。土の中から、モッコリ伸びてきて、この時期に、真っ赤な花を咲かせてくれます。

9.23宮若ヒガンバナ14

土手や荒れ地にも、ご覧のとおり。なんか、心も和みます。

9.23宮若ヒガンバナ16

小山から流れる小川の畔にも、咲いていました。

9.23宮若ヒガンバナ03

小川のせせらぎの、心地よいミロディを聞きながら、自然の妙を楽しんでいるようでもありました。

9.23宮若ヒガンバナ09

田んぼの中の、畦道の端っこに2つの祠がありました。風雪に耐えてきた祠に、語りかけるように、癒してくれるように、優しく曼珠沙華が咲いていました。

9.23宮若ヒガンバナ17

テーマ:行ってきました - ジャンル:ブログ

ブルーベリー園秋の収穫!!

ブルーベリー園を夏の間、相当荒らしていました。このごろ、めっきりと秋めいてきて、朝夕涼しくなってきたので、草刈作業にも精が出るようになりましいた。第一農場(福津)の方から作業を、取りかかっています。今のところ、30%程度。10月中旬には、終わってしまおうと思っています。

9.22福津草刈2

今朝の作業終了後、汗を拭いながら、朝日に輝くムラサキシキブが、とても素敵に見えました。今年は、紫式部が源氏物語を書いて、1000年になるとか。私の畑でも、ひっそりと光っています。

9.22ゲンジモノガタリ3

大きなクリの木は、5本程あります。ほとんどの木がまだ薮の中です。1本だけ下草をきれいに刈り取っています。そこには、立派なクリが落ちていました。木には、まだまだ沢山青い実がついています。クリご飯が、また、いいですねぇ。

9.22クリ2

今年は、7本程ほカキの木は、実がびっしりとついて、小粒です。カキの木の下には、足の踏みようもないほど、色づいたカキの実が、落ちています。少しだけ、持ち帰ってはいますが、みんな関心が薄いのです。(贅沢ですよね)

9.22カキ1

イチョウの木は、2本あります。1本は、下草を綺麗に取りました。お陰で、銀杏が拾いやすかったです。銀杏は、腐れるときの匂いが強烈ですもんね。ビニールに入れて、水を注ぎ込み、畑で腐れるようにしました。それから、処理をします。みんな、食べるのは、好きなんですよ・・・(困)。

9.22ギンナン4

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

クコの花、紫と黄色が!!

クコの生命力って、強いですねぇ。あらためて言うまでもありませんが、毎年薮のように繁るので株元を切ってしまいます。その後からも、新芽が伸びて、気が付いたらまたご覧のように。今は、花真っ最中です。

9.20クコ7

クコの花といえば、紫とばかり思っていましたが、よくよく見ると黄色が混ざっています。清楚な感じの紫色の花には、「いつも、邪魔者のように、株を刈り取ってごめんね」と、いいたくなります。

9.20クコ5

黄色の花は、ここだけの話ではないようです。「わぴちゃんのメモ帳」というブログにも、その記事を拝見しました。赤い実がつくのが、楽しみです。

9.20クコ6

ツルムラサキは、我家の裏庭のいたるところで、ツルを伸ばしています。毎年、この種を庭のアッチコッチに、ばらまいていることもあって、雑草を刈り取るときに、必要な分だけ残したままにしています。それでも、数十本のツルムラサキが伸びて、地面をはったり、ミカンやカキなど、手当たりしだいに巻き付いています。

9.20ツルムラサキ2

今、花が咲き、そして黒光りの実がついています。花は、懐かしいお菓子の「金平糖」に似て、かわいいですね。

9.20ツルムラサキ7

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

彼岸花、秋ですねぇ!!

♪♫・・・赤い花なら曼珠沙華~・・・。「長崎物語」という歌の出だし部分です。
彼岸花のことですが、お彼岸のころになると、一気にパッと真っ赤な花を咲かせてくれます。ありがたいですね。いやでも、季節を感じさせてくれるんですから。

9.19大明神橋彼岸花5

ブルーベリー園に行く途中で必ず通る小川の橋のたもとに、彼岸花を見つけました。球根には毒がありますが、川土手や田んぼの畦に、ぎっしりと咲いていました。今では、護岸工事もすすみ、圃場整備もされて、見応えのある彼岸花の群生が少なくなりました。
赤い花に、黒いアゲハチョウを見つけました。お似合いです。息を殺してそっと近づきシャッターを切りました。

9.19大明神橋彼岸花9

ブルーベリー園のイヌマキの実もずいぶん熟しだしました。

9.19マキ6

食感は、「ズルン」としていますが、不思議な味です。嫌いな分野には入りません。光沢があって、セルロイドの塊のようにも見えます。

9.19マキ8

銀杏が地面にかなり落ちてきました。紅葉は、まだまだ先です。このまま放っておくと、腐敗するときに、かなりの悪臭を放ちます。そんなら、料理にでも使ってみようかなと・・・思ってはいますが・・・。

9.19イチョウ4

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

フェイジョアの実が膨らんできました!!

4年程前に植えたフェイジョアの木に、実がつきました。昨年は、10個程だったでしょうか。今年は、数倍の実がついています。

9.17フェイジョア1

薮の中で、シコシコと太っていたためか、枝付きも不格好で支えが必要です。でも、九州の地に適応するのですね。一人前のフェイジョアらしくなってきています。

9.17フェイジョア2

枝には、鈴なりというわけにはいきませんが、こんな格好で2~3個実がついています。光沢を放たない渋い緑色をしています。

9.17フェイジョア3

ガチガチの坊主頭のように見えますが、なんのなんの味は最高です。10月中旬から11月にかけて食べごろになります。楽しみです。

9.17フェイジョア5

枝先の方に目をやると、まだまだ若枝が成長しています。元気がいいですね。常緑で、結構強健なので、友人にも勧めようと思っています。味は、言うことなしの満点ですもんね。

9.17フェイジョア6

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

シャシャンボに接木のブルーベリーが元気!!

荒らし放題のシャシャンボ畑です。雑草を引き抜いて、ようやくシャシャンボが姿を現しました。今年3月に、せっせと、200本程接木した畑です。失敗作もありますが、元気なブルーベリーも多いようです。この写真の中央の木は、2品種のブルーベリーを接いだものです。

9.16レッド・サウス接11

1本のシャシャンボが2又に分かれています。左の枝にサウスムーン(サザンハイブッシュ)、右の枝にレッドパール(ラビットアイブルーベリー)を接木しました。

9.16レッド・サウス接12

レッドパールは、シャシャンボとの相性がとてもいいようです。がっしりとした枝がずいぶん伸びています。来春には花芽もできるのではないでしょうか。

9.16レッド1

同じ長い枝の中間部に、レッドパールを腹接したものです。これもよく活着しています。接合部分も、がっしりとしているようです。

9.16レッド2

左側の枝に接いだサウスランドは、レッドパール程ではありませんが、しっかりと繋がっています。どちらも、順調に育ってくれれば、6月にサウスランドが、7~8月には、レッドパールの味が楽しめそうです。

9.16サウス1

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

シャシャンボの実がほんのり!!

日本の在来種だけあって、和製ブルーベリーのシャシャンボは元気ですねぇ。枝葉もどんどん成長しています。若い枝葉は、成長部分が黄緑色のものと、朱色の萌えるような色合いと二つに分けられます。どちらの株にもシャシャンボの実がたくさんついています。

9.13シャシャンボ2

枝という枝には、実がビッシリとついています。写真では、実の色も葉っぱとおなじ緑色なので、わかりづらいのですが、ひとつの枝に多いのは数百とついています。収穫するときは、枝全体についている実のほとんどが熟したときに、一気にやります。ゴム手袋をして、実のついた枝ごと100粒から300粒ほどむしりとって、笊に受けます。実は小さいのですが、以外と多量の収穫ができます。

9.13シャシャンボ3

その実が、ほんのり色づいてきました。これから完全に枝全体が熟すまで2~3ヶ月かかります。小小坊と書いてシャシャンボと読みます。修行中小坊主さんの丸刈りの頭を思い出します。皮がブルーベリーに比べて少し固いのですが、ジュースやジャムなどで十分に楽しめます。

9.13シャシャンボ6

マンモスという名のとおり実が大きと思い、3本植えました。近くに植えているフェイジアの木には、今年も沢山実をつけています。昨年、フェイジョアの味が、ご婦人たちからとても好評でしたので、それではと、植えたわけです。

9.13マンモス5

ジェミニもフェイジョアですが、実の大きさは普通のようですが、美味しそうなので、2本植えました。先日、追加で3本通販で注文したジェミニが届きました。九州北部で、しっかりと育ち、味もいいので、ブルーベリーに次ぐ果樹として栽培してみようかと思っています。

9.13ジェミニ2

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

イヌマキの実が熟しだしました!!

萌ブルーベリー園福津農場の中に、10本のイヌマキがあります。そのうちの3本に、実がたくさんつきました。この木は、雌雄異株ということです。木にもたれかけるようにして、畑の中に冷蔵庫を置いています。畑仕事の合間に、ゆっくりと冷たいジュースを飲むのもいいもんです。もちろん、あったかいコーヒーは、年中飲んでいます。コーヒー好きの私には、これがたまらなくいいんです。

IMG_2123.jpg

木全体の3割程度が食べごろを迎えました。少し高いところの枝先についているので、脚立で、とってみようとおもっています。

IMG_2121.jpg

このくらいの色つきだと、食べられます。もうすこし赤黒くなるまで待ってもいいですが。グニュッとして、プルーンのような口あたりがします。味は、他では比べる食材がないので、例えようが難しいですねぇ。まあ、秋を伝えるいい味わいです。私は、好きですね。

IMG_2120.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

まだまだ元気なブルーベリー!!

北部九州にも秋の気配が色濃くなってきました。早朝の涼しい時間は、ブルーベリー園の草刈です。毎朝毎夕が草刈の日課になりました。草薮の中から、次々にブルーベリーが全体像を現してくれます・・・?。

今朝は、その中の二つを紹介します。小柄なサンシャインブルーです。すっぽりと草に包まれていました。サザンハイブッシュ系ですが、よくがんばってくれています。

9.10サンシャインブルー08

根元を見ると、幹も太くなって安定感がでてきました。ただ、残念なのは、10本のうち3本が息絶えていたことです。原因は調査中。

9.10サンシャインブルー09

新芽も出ていて、まだまだ成長しています。来年は、びっしりとピンク色の花をつけてくれるでしょう。

9.10サンシャインブルー11

ラビットアイ系のエッセルは、暖地にはめっぽう強いですね。がっしりとした株になっています。3本すべてが、順調に太っています。

9.10エッセル4

株元からは、シュートずいぶんでてきています。剪定をこってりやらないと、株が込み合って風通しが悪くなってしまうでしょう。

9.10エッセル7

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ノネズミってかわいいですね!!

我がブルーベリー園は、夏に伸びすぎた雑草の草刈に大わらわ。高いのは草丈が身の程にもなっています。まあ、刈り甲斐があるといえばそうですが・・・。そんな、草刈作業の折り、草をグルグル巻きにしたまん丸い塊を見つけました。ふんわりとした、ボール状のかたまりをそっとほどいて中を割ってみると、ご覧のとおり、ノネズミの赤ちゃんが3匹。写真に収めてそっともとの状態に戻し、別の安全な場所に移し替えました。1日に3個の巣がでてきました。

9.8ノネズミ1

こんなに荒れてしまったブルーベリー園です。しかし、ブルーベリーは、元気に育っています。強いもんです。さて、この写真の中に、ノネズミのまあるい巣があるのですが、見つけられますか。

9.8ノネズミ2

写真のちょうど真ん中付近に、巣が見えます。近寄って拡大してみました。背丈の長いススキの葉を、上手に束ねて巣をつくっていました。うまいもんですね。この、ノネズミの一生は、1~2年といわれています。まあ、例年荒れたブルーベリーになりことでしょから、春と秋の繁殖期には、ノネズミの赤ちゃんに会うことができるでしょう。楽しみです。

9.8ノネズミ3

テーマ:感動した!! - ジャンル:ブログ

ブルーベリー園のウマオイ!!

早朝の草刈が終わりました。このごろは雨天が多いので、ジューシーな草の匂いが漂う中、お天道さまが、あまり高く登らないうちに、帰宅しました。

刈り取った草の上に、ウマオイを見つけました。キリギリスの仲間で、馬追虫とも書きます。スイーチョン、スイーチョンと鳴く虫です。

9.4ウマオイ1


体は、頭の方は角張っていて大きいのですが、尻尾に向かって細長くなっています。スマートですよね。体全体は明るい緑色ですが、頭から背中にかけて褐色の太い条があって、オシャレです。

9.4ウマオイ4

昨年、ブルーベリー園の片隅に、ナンジャモンジャの木を2本植えました。正式には、ヒトツバタゴと呼びます。対馬市の最北端に鰐浦という小さな漁港がありますが、この入江を囲むように小高い山々があります。その山全体に、ヒトツバタゴがたくさん自生していて、天然記念物に指定されています。5月の連休のころになると山全体を真っ白に染めるように花が咲きます。海面を白く照らす様子から、この地方では、「ウミテラシ」と呼ばれています。
この山の展望台からは、韓国が目の前に見えます。夜になると、韓国で走る車の明かりも見えるほどです。一度、訪ねてみてください。
9.4ヒトツバタゴ1

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

まだまだ太ってます!!

ガーデンブルー(ラビットアイブルーベリー)も順調にがんばっています。そろそろ、剪定してやらないと、繁りすぎたようです。

9.3ガーデンブルー3

株元も、古株と新株がいくつかできて、一人前の株になりつつあります。

9.3ガーデンブルー7

今年は、台風が一度も上陸しませんでした。乾期がずいぶん続いたのち、今度は偏西風が南下した影響で、降雨の時期が続いています。おかげで、ブルーベリー園は、水分豊かで、今だに若葉が次々にでています。

9.3ガーデンブルー8

キャラウェイ(ラビットアイブルーベリー)は、他の品種に比べると若干生育が弱いかなと思います。それでも、結構伸びています。

9.3キャラウェイ3

株元も、シンプルですが、古株みたいな姿を呈してきました。実は、最初薄い緑色から、綺麗な赤色になり、熟すころには、紺色に変わります。収穫量が少ない品種なので、今後、増やしてことには、ならないようです。

9.3キャラウェイ4

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ブルーベリー1年生元気です!!

萌ブルーベリー園の福津農場では、5年前からブルーベリー3姉妹(ウッダード、ティフブルー、ホームベル)を、50本程植えています。
その後、昨年3月、20アールに400本程植えつけました。
現在1年と半年ほど経っています。草に覆われて株の全容がわからなかったのですが、草刈がすすむにつれて、徐々に姿を現しだしました。

コースタル(ラビットアイブルーベリー)も、いたって元気です。
草丈も1メートルを越え、今なお、新梢が伸びています。実が、小さいので今後増やしていことにはならないかな。

9.2コースタル3

株元もずいぶん大きくなりました。来年(丸2年)には、さらに充実した株になりそうです。
シュートは出てきませんが、株のいたるところから枝がでています。剪定を繰り返しながら、株を整えていきたいと思います。

9.2コースタル4

フェスティバル(ラビットアイブルーベリー)は、さらに強健です。高さも、1.5メートルを越えかけています。若芽も梅雨時期にはどんどんでてきたので、その分枝葉も繁っています。株間を1メートルにしていますので、計画より1年早く間引きして、2メートルにしなければと思っています。

9.2フェスティバル2

株元もだんだん大人に近づいてきました。来年が楽しみです。心配なのは、土作りのときにピートモスをさほど加えて鋤き込んでいないので、繊細で、酸性度を好む根がどの程度、張ってくれるかということです。

9.2フェスティバル6

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

薮状態のブルーベリー畑の草刈

いやぁ、荒れてます。これでもブルーベリー園内の車道です。右手は斜面に大実クワ(セルベベアズ)を、植えています。左手は、中段のブルーベリー畑です。

園内道

中段の畑です。手前から刈り始めたところです。まったくの薮です。友人もこの荒れように驚いています。「いいんだよぉ~」と言っています。無農薬、放ったらかし栽培とでもいいましょうか。これでも結構実をつけてくれました。

畑2

昨年3月に植え付けた株ばかりです。1年半経ちます。草刈は、今回で3度目です。もうちょっと回数を増やさねば・・・。でも、夏の暑さや乾燥から身を守ってくれたのは、この薮だったのかも。大雨のときにも、排水の心配もありませんでした。ただ、ブルーベリーの有機肥料もずいぶん食べてくれました。仕方ないかぁ。

畑1

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。