萌ブルーベリー園

自然と共生したブルーベリー栽培。シャシャンボの研究と栽培。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザンハイブッシュの花が咲きだしました!!

めっきり春めいてきた感がします。
ブルーベリー園は、春の兆しで大わらわといったところです。


10.2.28ジュウエル2

サザンハイブッシュの花々が、咲きだしました。2月28日の写真です。
ジュウエルです。昨年より株が一回り大きくなったため、花もずいぶん
多くついています。かなり摘みとらないといけません。

10.2.28ジュウエル5

いかんせん、本業の方で多忙となり、今ひとつ手が行き届かない
状態です。なんとか、しなければ・・・。

10.2.28ブルーシャワー1

ブルーシャワーです。昨年はどうしたことか、実つきがさっぱりでした。
他の栽培園でも、同じようでした。
今年は、ずいぶん花芽がついています。

10.2.28ブルーシャワー2

ラビットアイの中でも、とても強健なので、安心して育てられますが、
どの程度の摘花をしようかと迷っています。

10.2.28ブルージェム1

ブルージェムは、私の園では、昨年の優等生でした。というのも
実つきもよく、房状の姿が、女性陣に喜ばれたからです。
今年は、その反動か、いくぶん勢力が鈍っています。

10.2.28キャラウェイ

キャラウェイです。朱から赤、そして黒へと熟すにしたがって、
実の色が変わってきます。昨年は、可哀想なほど実をつけてし
まいました。反省しきり。
今春の健康状態は、やや悪しといったところ。
欲に目をとられていては、いけませんねぇ・・・。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

ブルーベリーも春の準備に大わらわ!!

萌ブルーベリー園福津農場の仲間の紹介、第2弾です。
今春が、定植して丸3年ですが、放ったらかしに近い栽培なので
品種によって、また、定植時の苗木の状態によって、かなりの
個体差がついています。
株の周辺は、年間で4~5回程、イノシシ君が穴ぼこをつくって
くれています。(頼んでもないのに、あ~ぁ)


10.2.17ガーデンブルー1

ガーデンブルーです。頑丈な品種のようですね。
樹高も2mを越えるほどになりました。昨年は、あまり実をつけませんでした。
今年は、少し多めにつけたいなと思っています。


10.2.17ガーデンブルー4


蕾も、昨年よりはかなり多く見受けられます。
樹勢も旺盛なので、期待大です。


10.2.17クライマックス1


クライマックスです。本園としては、まあまあ、といった出来具合の品種です。
(今のところの総合評価)
昨年からみると、木が力をつけてきたこともあって、株や蕾もかなり
しっかりしてきています。


10.2.17クライマックス3


その名のように、「あっ!!と、驚き」ときめくようになってほしいものです。


10.2.17コースタル2


コースタルです。地味な存在ですが、小粒ながらその実は、朱から真っ赤、そして黒へと
つややかな色合いを楽しませてくれます。

10.2.17コースタル5


この株も、昨年に較べて成長したこともあって、蕾も順調にかなりついていて、
楽しみです。目立たない存在ですが、どこか、可愛く、捨て難い存在です。


10.2.17サウスランド2


サウスランドです。昨年は樹勢が強くて、実つきの方はさっぱりでした。
株元には、サッカーがかなり出てきて、シュートの発生も盛んでした。
この分だと、どこまでサッカーが進出してくるのかと、心配です。
もともと、ピートモスをしっかりと混合していない土壌ですが、
それをよそに、どんどんのびてくるのは、余程、強健なのでしょう。


10.2.17サウスランド4


昨年、実をつけなかったこともあってか、今年は、かなりの蕾がみられます。
木の勢いもいいようです。楽しみです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

萌ブルーベリー園福津農場のブルーベリーたち

10.2.17エッセル1

エッセルの小さな木に、昨年はびっしりと実をつけてしまいました。
いけませんねぇ。今春は、体力がなくげっそりとしています。
わかっていたのに、やっぱり私は、ダメなんだなぁ・・・。

10.2.17エッセル4

そんな中に、いじらしいほど蕾がついています。
数は、昨年程ではないので、というよりも、昨年の20%程度でしょうか。
よかったぁ、という感じです。体力を取り戻してもらいたいです。

10.2.17キャラウェイ4


キャウェイも、昨年は結構実がつきましたが、エッセルほど体力は落ちていません。
早くも花が開いていました。もちろん、結実はしないのですが。

10.2.17ジュウエル01


サザンハイブッシュのジュウエルです。昨年もかなり収穫できました。
ただ、この農場のブルーベリーは、植栽して、今春で丸3年となります。
剪定や摘花(果)摘蕾を、繰り返してはいるのですが、ついつい、実を
つけすぎてしまいます。ご覧のように、現在も、蕾だらけです。
株が小さいので、本当は実をつけないほうがいいのですが、家族も収穫を
期待しているみたいで、思案中です。


10.2.17ジュウエル07



ジュウエルの花は、かなり前から開いていたので、早いものは結実しているようです。
食味もよく、実も大きいので、5月下旬からの収穫が楽しみです。


10.2.17ブルージェム2



ブルージェムは、昨年かなり収穫できました。育てやすい品種で、粒も大きく、
家族が最も収穫時によろこんでいた品種です。
今春は、昨年の難産に懲りることなく、さらに元気にびっしりと蕾をつけています。
大丈夫かな・・・。大丈夫だろう、ということで、今年も収穫の期待、大です。

10.2.17ブルージェム6


ブルージェムの蕾です。枝のいたるところにこんな状態で、しかも一枝に多数ついています。
がんばって、もらいましょう。


10.2.17ブルーシャワー1


ブルーシャワーです。とっても強い品種なのですが、昨年の実つきはさっぱりでした。
有人や農業改良普及センターの方に聞くと、他の園でも同様のようでした。
そういうこともあってか、今春は、蕾が異常なほど、びっしりとついています。
実どまりは、どうでしょうかぁ。楽しみです。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

シャシャンボの生き様お見事!!


箱植


実生から育てているシャシャンボの苗木を移植しました。
ご覧のように、発砲スチロールに播種したままのものです。
畑の隅の方に、長期間放ったらかしにしていました。
ていねいにトロ箱などで育てていねいに潅水などをした
シャシャンボは、隙間なく雑草のように芽が伸びてきま
すが、手を抜くと5%ほど育てばいいほうです。
シャシャンボに混じって、雑草も生えています。
根が、かなり伸びているのがわかります。

底から根


発砲スチロールの箱の裏を見てみると、排水用に
あけた穴だけでなく、あちこちから根が突き出て
います。その根が畑の土に食い込んでいて、箱を
ひっくり返すときには、スコップで箱のまわりを
掘ってやらなければなりません。


食い込む根


びっくりするのは、シャシャンボの根の凄まじさです。
大小の根が、発泡スチロールの中をあたりかまわず
突き進んでいます。発泡スチロールの途中から根が
分岐しているのもあります。


伸びた根2


苗木の大きさと較べると、根もまけないくらい
地中に伸びています。この地に、自生し生き延
びてきただけあって、頑丈なはずですね。

伸びた根1


こんなにもがんばっている、日本のブルーベリー
「シャシャンボ」に、是非ともがんばってもらわねば。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

シャシャンボへの接ぎ木、その後!!

2年前の3月にシャシャンボを台木として、いろんな品種のブルーベリーを
接木しました。シャシャンボは実生苗がほとんどで、2~3年くらいものもです。
接木部分はエンピツくらいの大きさにはなっていました。
趣味でやっていますので、つながれば儲けもんという、なんとも情けない話です。
シャシャンボは、苗木床にびっしりと植え付けていましたので、接ぐのもひと苦労
でした。接木した後も、ひしめき合う枝に強風でたたかれ、継ぎ目が痛んだりと
失敗もずいぶんありました。
そんなことで、この丸2年間、放ったらかしの接木です。
現在、掘り起こして、1本1本、畑に定植しているところです。
その中の、いくつかを紹介します。

レッドパール1

レッドパールです。2年前の3月2日に接木しました。
我が輩の園では、レッドパールがシャシャンボとの相性が最もいいようです。
5本が、元気に育っています。
昨年は、収穫もできました。

エッセル2


エッセル。2年前の3月23日に接木しました。
エッセルも、シャシャンボとの相性はバッチリですねぇ。
他にも、数本元気です。

ミノウブルー


ミノウブルーです。2年前の3月6日に接木しました。
相性は、まあまあといったところ。
ミノウブルーそのまま、自根で植え付けても、とても生育が旺盛なので、
わざわざ、接木しなくてもいいのかも。


デライト・ミノウブルー1-4


左がデライト、右がミノウブルー。デライトは、3月5日に接木、ミノウブルーは、3月6日に接木。
どちらも、そこそこの生育ぶりです。脇の方から、シャシャンボの枝が出ています。


サススムーン1-2


サウスムーンです。2年前の3月1日に接木したものです。
サザンハイブッシュですが、あまり調子がよくありません。
我が輩の、接木技術が悪いのかも。


ノースランド1


ノースランドです。2年前の3月6日に接木したものです。
ハーフハイブッシュですが、これもあまり勧められない品種の一つです。

デキシー1-1

デキシーです。2年前の3月6日に接木したものです。
ハイブッシュです。ハイブッシュも、数種類接木してはいるのですが、
成功例が少なく、その後の生育も今ひとつといったところです。
ブルークロップも、生育はしているのですが、生長ぶりが
パッとしません。
ということで、私としては、ハイブッシュは苦手、
あまり勧められない品種ですね。


今年も暇があったら、接いでみようかなっと・・・!!




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。